スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瞳のフォトグラフ

ネットなどで何度か目にしていたのですがなかなか手に入れる機会がなかった作品を購入しました。マイナーな作品なので知っている人は少ないと思います。

本

「瞳のフォトグラフ」です。タイトルや画像でわかる通り写真に関する物語です。写真を焦点にした作品というのは滅多にないというのも惹かれた要素の一つですが、もうひとつの要素として"自分の住んでいる地域が舞台"ということにも惹かれたんです。やっぱり自分のよく知っている場所が舞台だとなんだかちょっと嬉しいですよね?

そんな感じで購入してみたわけですが、本を見ていてもどのあたりの場所なのかが意外とわかりにくいものです。まだ続いているのでそのうち見た瞬間に「あ!あそこだ!」となる場所が出てきてくれることを期待しましょう。

物語としては通常の(女子高生の)青春ストーリーに写真の要素が加わった感じですね。元々写真部のお話なのでそんな感じになるのが普通なんですけどね。そのぶん、ほのぼのとした感じが伝わってきて読んでいて心地のよい作品に感じました。

まだ一冊目なのでこれからどういう展開になるかはわかりませんが、私はこの作品を追いかけていこうと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

Luminositer

Author:Luminositer
現実に疲れている私、Luminositerの現実逃避のためのブログです。

主に趣味のことについてだらだらと書いていこうと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
厄神様の通り道

携帯待ち受けFLASH作成所
最新トラックバック
今日は何の日?教えて慧音先生

まよねーず工場
中学英語テスト?
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。